「海と人間が共存できることが大事」新富町・土屋良文町長

海と日本PROJECT in みやざき

こんにちは!「海と日本プロジェクトinみやざき」メッセンジャーの廣末圭治です。

宮崎県の沿岸には、10の市と町があります。

その10市町の市長や町長に、地元の海の魅力や海への思いを伺いました。

きょうは、新富町の土屋良文町長です。

宮崎県中央部に位置する新富町は、海岸線がまっすぐで、砂浜も広いため、ウミガメの産卵する海岸としても有名です。この海を守ろうと、新富町では年2回、町民が参加した海岸清掃を実施しているほか、ウミガメの赤ちゃんの放流など、環境保護にも町を上げて努めています。

また、宮崎県内では唯一の富田浜漕艇場があり、毎年、町民レガッタ大会も開かれています。

土屋町長は「新富町には県内唯一の自然に包まれた漕艇場があり、年に1回開催されるレガッタ大会は、会場が熱気に包まれるほど盛り上がる大会なので、町民だけでなく町外の方も是非見に来てほしいです」とおっしゃっていました。

また、海とは何か尋ねてみると、「世界の中に広がっている海。無限に広がる資源があるので大切にしなければならないし、人間が共存できるようにしていくことが大事だと思います。私たちは、しっかりと生活を営むため、海と川の自然の恵みを守っていくことが大事です。」と話してくださいましたよ。

新富町長インタビュー

  1. 土屋良文新富町長
  2. 孵化した子ガメ
  3. 富田浜漕艇場

新富町の土屋町長インタビュー

「世界の中に広がっている海。無限に広がる資源があるので大切にしなければならないし、人間が共存できるようにしていくことが大事だと思います。私たちは、しっかりと生活を営むため、海と川の自然の恵みを守っていくことが大事です。」

イベント名新富町長インタビュー
ページ上部へ戻る