中学生が地元の海で特別授業

海と日本PROJECT in みやざき

こんにちは!「海と日本プロジェクトinみやざき」メッセンジャーの廣末圭治です。

きょうは、宮崎市の青島海水浴場で行われた特別授業についてお伝えします。

これは、宮崎市の青島中学校が地元の海を知ってもらおうと開かれたもので、全校生徒47人が参加しました。生徒たちは、宮崎大学の学生の指導を受けながら、シーカヤックやシュノーケルを体験したんですよ。

楽しい授業ですよね。

また、県の天然記念物にも指定されているアカウミガメに関する授業もあり、生徒たちは、熱心にメモを取ったり、アカウミガメの卵を観察したりしました。海が近くにある中学校ならではの特別授業。生徒たちは、さまざまな体験を通して、地域の魅力を再認識していました。山あいの高千穂町出身の私は、こうして地元の海で、いろいろ体験できる授業ってうらやましいなと思いました。

中学生が地元の海で特別授業

  1. シーカヤックに挑戦
  2. 宮崎大学の学生が講師に!
  3. アカウミガメに関する授業

宮崎市の青島海水浴場で、地元青島中学校の生徒たちが、宮崎大学の学生の指導を受けながら、シーカヤックやシュノーケルを体験する特別授業がありました。また県の天然記念物にも指定されているアカウミガメに関する授業もあり、生徒たちは、さまざまな体験を通して、地域の魅力を再認識していました。

イベント名青島中学校生が特別授業
参加人数47人
日程7月14日
場所青島海水浴場
ページ上部へ戻る