新たな防災にオレンジフラッグを!

海と日本PROJECT in みやざき

こんにちは!「海と日本プロジェクトinみやざき」メッセンジャーの廣末圭治です。

 みなさんは、「オレンジフラッグ」をご存知ですか?

これは、海岸でも認識しやすいオレンジ色の旗を、津波の発生を知らせる手段や、沖にいるサーファーなどの避難誘導に活用しようというもので、新しい津波防災のあり方として注目されています。

 宮崎では、今年5月に「オレンジフラッグ」の普及をめざし、宮崎大学で防災活動を行っている学生たちが中心となって「宮崎実行委員会」が発足、様々な取り組みを進めているんですよ。

 9月1日の防災の日には、宮崎市青島で、学生たちが、観光客らに「オレンジフラッグ」について詳しく書かれたパンフレットを配り、周知を図りました。

 ところで、「オレンジフラッグ」の普及、啓発を進める一般財団法人防災ガールなどでは、8月に青島で海水浴客を対象に津波防災に関するアンケートを実施しました。その結果、「津波避難ビル」の存在を知らない人がおよそ75パーセントにのぼったんだそうです。まだまだ認知されていない現状があるんですね。

オレンジ色の旗で津波を知らせる新たな防災。若者を中心にした普及活動に期待が高まっています。

オレンジフラッグの普及を図ろう!

  1. オレンジフラッグを広めたい!
  2. 青島でアンケートを実施
  3. オレンジの旗で津波を知らせる新たな防災!

海岸でも認識しやすいオレンジ色の旗を、津波の発生を知らせる手段や、沖にいるサーファーなどの避難誘導に活用しようという「オレンジフラッグ」は、新しい津波防災のあり方として注目されています。9月1日の防災の日には、宮崎市青島で、学生たちが、観光客らに「オレンジフラッグ」について詳しく書かれたパンフレットを配り、周知を図りました。オレンジ色の旗で津波を知らせる新たな防災。若者を中心にした普及活動に期待が高まっています。

イベント名オレンジフラッグの普及活動
日程9月1日
場所青島
ページ上部へ戻る