海を守ろう!幼稚園で海の環境教室

海と日本PROJECT in みやざき

日南市飫肥にあるカトリック幼稚園で、「海の環境教室」が開かれ、園児たちが、青い海を守る大切さや海の環境について学びました。
この教室は、6月が海洋環境保全推進月間になっていることから、これに合わせ、宮崎海上保安部が開いたものです。
環境教室には園児100人が参加。宮崎海上保安部の職員が、海の安全を守るための仕事について紹介したあと、海の環境をテーマにした紙芝居を披露しました。
この中で、海にビニール袋などのゴミを捨てる事で、ウミガメに悪影響を及ぼすことを紹介すると、園児たちは、驚いたように紙芝居に見入っていました。
また教室では海上保安部のイメージキャラクター「うみまる」との記念撮影なども行われ、子供たちは、楽しみながら海の環境を守る大切さを学んでいました。

幼稚園で海の大切さ伝える環境教室

  1. 海を守ろう!話に聞き入る園児たち
  2. 海の環境をテーマにした紙芝居披露
  3. 海上保安庁のキャラクター「うみまる」登場

紙芝居やキャラクターが登場するわかりやすい「海の環境教室」に園児たちは熱心に見入り、楽しみながら海の大切さを学んでいました。

イベント名日南市の幼稚園で海の環境教室
日程6月10日
場所日南市飫肥カトリック幼稚園
主催宮崎海上保安部
ページ上部へ戻る