日向市美々津で「おきよ祭り」

2018-9-13
海と日本PROJECT in みやざき

こんにちは!「海と日本プロジェクトinみやざき」メッセンジャーの廣末圭治です。今年も日向市の美々津地区に伝わる伝統行事、「おきよ祭り」が行われました。神武天皇のお船出にちなみ、夜明け前に、寝入っている住民を起こして回るこの行事。子供たちの元気な声が地域に響きました。

 9月10日朝、日の出前の朝4時。子どもたちが、民家の戸を「起きよ、起きよ」とたたきます。この祭りは、神武天皇が美々津から大和の国へ東征する際、予定より早く出発することになったため、住民が見送りのために寝ている人を起こして回ったことが由来といわれています。祭りは、お舟出した旧暦の8月1日に毎年行われていて、10日朝は、美々津小学校の児童およそ30人が笹竹で、民家の戸をたたき、住民を起こして回りました。

地元の住民の方は「子供の時からやっていたので、続けてくれてすごいうれしいし、町の伝統をこれからも守ってほしい」と子どもたちが、しっかり伝統行事を守っていることを心強く思っている様子でした。
そして、参加した児童は「楽しかったし大変だった」「何回かやらないとあまり起きてくれなかった。起きてくれたらうれしかったです」と話していました。
 子供たちは、このあと神武天皇に住民が献上したとされる美々津名物の団子を作りました。

地元では「お船出だんご」などと呼ばれているこのお団子、おいしそうですね。

関連リンク

ページ上部へ戻る